アンチェインドコメディ

2006-02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のぞき

電車で隣に座っている女が、ケータイメールを打ってる途中で
コックリコックリ寝ていた。

書きかけの文字と、点滅したカーソルがケータイ画面に映っている。
不謹慎ながらちょっと覗いてみると

「今夜はお尻で」

お、お尻で…。その文の続きは!

と思った瞬間、女はハッと目覚め、一瞬目が合ってしまい、
バツが悪くなった僕は目を反らした。

肛門みたいな顔だったので、メールの続きはどうでもよくなった。
スポンサーサイト

恋の悪寒

購買部のオバチャンに恋をした。

校内には本物の女子高生がいくらでもいるというのに、自分でもおかしいと思う。
でもこの恋は本物だ。ただどうしていいか分からない。だから同じクラスの西岡に相談したいと思う。
西岡は親友だ。彼なら馬鹿にせず真剣に聞いてくれるはずだ。よしそうしよう。

「西岡…お前を親友だと思っているからこそ打ち明けるのだが、聞いてくれ。俺、購買部のオバチャンを好きになってしまった」

「俺も親友として言う。絶対やめとけ」

「そんな!冷たすぎるじゃないか!何故頭から否定するんだ!」

「だってそれ、俺の母ちゃん」

「えっ…」

「分かってくれよ、な?」

「困ったらこのパパに何でも聞くといいよ」

「分かってねえ!」

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。