アンチェインドコメディ

2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

挫折ラーメン

俺は小さなラーメン屋をひとりで切り盛りしている。
しかし交通事故に遭い骨折し、完治するまで店を休業
せざるをえなくなった。

「お客様には誠に申し訳ございませんが、暫く休業させて
 いただき治療に専念致します」

店のシャッターにこのような貼り紙をした。苦労してやっと
自分の店を持った矢先のことだけに無念だ。

次の日、その貼り紙に誰かが書いた一文を見つけた。

「頑張ってください」

よく来てくれていたあのお客様だろうか。思いがけない
励ましに、目頭が熱くなった。

更に次の日、誰かが書いた文はもっと増えていた。

「まずい」

「このまま閉店でいいよ」

「ご愁傷様。アーメンラーメンザーメン」

涙が溢れるのを止めることができなかった。
スポンサーサイト

コメント

おひさしぶりです。毎日来ておりましたがピリリと気の利いたコメントができないので読ませていただくだけになっておりました。

いや、ほんとどうして自分の店を持ったのか、どうして独立できたのか不思議に思うくらい歴史的にまずいラーメン屋ってありますよね。もし僕がこんな事言われたら即刻ラーメン屋やめてザーメン屋はじめます。濃くには自信あります。ごめんなさい。

こちらこそコメントに間が空いてすみませぬ。
うちの近所にもありますよ。何故潰れないのかって
ぐらいまずいラーメン屋が。実は亭主は金持ちで
道楽でやってるとしか思えない。

ザーメン屋はお肌によさそうですね。近寄りたく
ないですけど。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://unchainedcomedy.blog15.fc2.com/tb.php/47-bea26774

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。